TOTALFAT
FAST AND TIGHT tour 2017
@新木場 STUDIO COAST

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

TOTALFATにとって、史上最長のワンマンツアーとなった『FAST AND TIGHT tour 2017』。そのファイナルアクトが新木場スタジオコーストにて開催された。喜怒哀楽を振り切るようなエネルギーを込めて放たれる音は、未来に向けて打ち鳴らす号砲のようにも思えた。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

開幕を告げるSEが賑やかに鳴り響くと、割れんばかりの歌声がライブハウスを包み込む。Shun(Vo/Ba)が叫ぶように開幕を告げると、勢いはそのままに一気に『R.E.P』へとダイヴ。Bunta(Dr/Cho)の心臓に直接響かせるようなビートに、Kuboty(Gt/Cho)の疾走感たっぷりに冴え渡るリフ。そこにJose(Vo/Gt)&Shunという鉄壁の布陣による陽性の歌声が重なれば、その場に宿った無敵の高揚感が、集まった全員を一瞬で笑顔に変える。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

のっけから湧き上がる衝動をそのまま放出するような熱の入ったプレイを魅せた彼ら。『Delight!! feat. J-REXXX』では盟友であるJ-REXXX本人を呼び込み、前のめりに繰り出されるリリックを武器に限界値を超える勢いでガンガンとボルテージを引き上げていく。音が鳴れば自然と身体が反応してしまう、それがTOTALFATの音楽の持ち味。立て続けにアッパーな楽曲が投射されれば、楽しさが生む興奮を共有したフロアはあっという間に巨大なファミリーのような雰囲気に。それを見たJoseは心底幸せそうに破顔し、メンバーも含めたここにいる全員が、共に今日を作り上げる仲間なのだということがストレートに伝わってきた。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

再会を喜びあうようにプレイを続け、改めて「ただいま戻りました、TOTALFATです!新木場、調子はどうですかー!」と声を上げたShun。「心の中は俺らとお前らで最高に晴らしていこう!」と『晴天』へ繋ぐと、タイトル通り、一点の曇りもない歌声がオーディエンスを照らすように響き渡る。《I'll be your sunshine》というフレーズに、4人のファンに対する想いがぎゅっと詰まっているように思えた。

こちらもツアーを経てビルドアップ、一瞬で目を奪われる、気合十分なドラムソロが光った『Wanna Be』、唸るようなギターソロから突入した『X-stream』と、個々のプレイヤーとしての資質を思う存分堪能させながらもフルアクセルでかっ飛ばす、実にTFらしい展開を経て、「目に見えなくても、確かに此処に存在しているものってあるでしょ?」と話しかけるように口を開いたJose。「時間とか空気とか…音楽もそうだよね?こうやって拍手してくれる皆んなの中にある熱い心とかさ」と続けた彼には、昨年、目に見えないものの大切さを教えてくれた出会いがあったのだという。皆んなにもそれを感じてもらいたい、「心で聞いて欲しい」と前置いて届けられたのは『Eyes』。語りかけるように言葉を繋ぐワンシーンでJoseは、《俺は真っ直ぐ歌ってくから!》と心の声が溢れ出したように叫んでいた。“僕の声で全てを届けていきたい”と願い続けてきた彼にとって、「この曲がどうか、みんなの宝物になりますように」と思える楽曲の誕生は間違いなくターニングポイントになったのだろう。真摯な想いに答えるように、フロアからも満場のシンガロングが湧き上がる。互いに心を通わせるような歌声は、この日、何度も巻き起こったシンガロングの中でも、特に力強い響きを帯びていたのが印象的だった。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

Jose自身もフロアに飛び込み、もみくちゃになりながら『Revenge of Underdogs』をドロップする…という、再びライブハウスの温度を数度上昇させたんじゃないか?と思うほどの熱狂を生み出したメンバー。息もつかせぬ展開に喰らい付いたフロアを労うように深呼吸タイムを設けると、本日2人目のゲスト・LIBROを呼び込み、スロウな空気の中『CALLING YOU feat.LIBRO』を歌い上げる。「音楽で繋がってく友情があることを証明させてくれ」とShunも話していたが、音楽で繋がった仲間と作った楽曲を披露するのに、ライブハウスほど適した場所も他にないだろう。Shun、そしてLIBROの声が溶け合って生まれるハーモニーは、彼らの間にある暖かな距離感と共にフロアをゆったりと酔わせていた。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

余韻に浸るように静けさが降り立つフロアに向けて、音楽で何かと繋がっていくのは、ステージに立つ自分たちだけじゃない、と続けるShun。彼ら自身そうだったからこそ、音楽と隣り合う日常の中で夢と出会った人がいるなら、自分たちが持つ音の力で背中を押したいと思うのだろう。「もし、お前らの心の中に追っかけたいものがあるなら、小さくても、些細なものでもいい。俺たちにどうか応援させてくれないか?一緒に掴みとろうぜ」と呼びかけて披露したのは、そんな【夢】の象徴のような楽曲である『Dear My Empire』。アコースティックスタイルで届けられる言葉は、いつもよりも柔らかな手触りですんなりと心まで届いていた。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

彼らの代表曲の1つである『夏のトカゲ』を皮切りに、互いの熱気をぶつけ合うようにキラーチューンを放出していく4人。笑顔、汗、歌声…と、オーディエンスが返す反応の1つ1つがプレイにすぐ反映されていくあたり、流石はライブで鍛え上げられてきたライブバンドといったところだろうか。本編の最後を飾ったのは、アルバムでもラストを飾る渾身のパワーソング『ONE FOR THE DREAMS』。「新木場、一本指を掲げろー!」と叫んだJoseに応えるように、高らかに掲げられた一本指で埋め尽くされたフロア。未来に向けて走り出した記念日を祝するように歌声が響く。ここがゴールではなく、ファイナルを終えたここからが始まり。LIVEの終わりにしっかりと“その先”へと押し出してくれる彼らだから、ファンは安心してTOTALFATに夢を託すことが出来るのだろう。喜びに満ちた、どこか誇らしげなシンガロングを聴きながら、ここまで大勢の人間が素顔を曝け出し、本音でぶつかり合える場所が他にあるだろうか、と思った。それぞれの未来へと踏み出していく、4人とオーディエンスのこれからを楽しみにしていたい。そんな風に思える最高のフィナーレだった。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

鳴り止まない拍手に応えて、再びステージへと舞い戻った4人。「じゃあ新木場、もうひと暴れしましょうか!」と不敵な笑みで告げたShunから発表されたのは、PUNISHER’S NIGHT 2018の開催決定!ファイナルに向けて新曲を持ってきたことも同時に発表され、フロアはすぐさま歓喜の嵐。ツアーで得たものをぎゅっと詰め込んだというこの新曲、まだタイトル未定なのだか、「ライブハウスや音楽のことを歌った」これからのTOTALFATとキッズにとって、特別な楽曲になる予感を抱かせる1曲だ。最後の最後まで全力を振り絞る怒涛の勢いでパーティーチューンを叩きつけていくメンバー。正真正銘のラストソングは、5年前に生まれて以来、数々の節目に立ち会ってきた大切な楽曲『Place to Try』だ。

TOTALFAT
photo by AZUSA TAKADA

何度も何度も繰り返されてきた《君は1人じゃない》というフレーズ。TOTALFATの音楽を届けるために生まれた言葉は、多くのファンが抱える孤独を晴らしてきた。同曲を披露する前、Shunは信頼を声に滲ませながら「今度はお前らが言う番だと思ってるよ」と話していた。音楽を介して繋がった、共に歩む仲間として、同志として、彼らがオーディエンスに託した大切な言葉。この信頼関係がある限り、TOTALFATのフロアは最高の遊び場=居場所であり続けるのだろう。肩を組みながら飛び跳ねる沢山のキッズの笑顔をみて、そう確信させられる一夜だった。