ウソツキ「ウソツカナイミュージックツアー 2017」
@CLUB UPSET

photo by Yuno

リリースがある訳でも、大掛かりな発表を告知するためでもなく、純粋に各地で待つオーディエンスに会いに行く為だけに開催されたツアー「ウソツキ presents ウソツカナイミュージックツアー 2017」。以前から親交があったというTHE BOY MEETS GIRLS、PELICAN FANCLUBと共に開催した名古屋編は、三種三様の“格好良さ”をしっかりと抱えた3バンドが自分たちの音楽を力の限り奏であげる、非常に密度の濃い一夜となった。

THE BOY MEETS GIRLS

photo by Yuno

トップバッターを務めたのは、地元・名古屋のバンドであるTHE BOY MEETS GIRLS。聴いているだけで笑顔が溢れるようなSEにのせて登場した4人がステージに並ぶと、賑やかなクラップが歓迎ムードを作り上げる。ウソツキの『一生分のラブレター』をワンフレーズカバーする、という粋なサプライズで鮮やかに幕開けを飾ってみせた彼ら。“誰も一人ぼっちにしない音楽”を掲げているだけあって、遊び心をたっぷりと含んだステージングは、それだけでフロア全員を仲間同士にしてしまえる、魔法のようなエネルギーを秘めている。

photo by Yuno

キャッチーな振り付けでリスナーの心をがっちりと掴んだ『動物ディスコフィーバー』、かつくん(Dr)の小芝居が朗らかな笑いを産んだ『SUSHI☆ZANMAI』と、オーディエンスを楽しませることに余念がない様子のメンバー。コミカルに突っ走ったかと思えば、次の瞬間には王道のポップチューンでフロアを躍らせてしまうのだから、その振り幅の広さには感嘆の一言だ。「今日はウソツキまで最高の時間を繋いでいきたいと思います」と柔らかな笑顔で話した高島大輔(Vo/Gt/Key)。ウソツキの楽曲である『ボーイミーツガール』誕生のきっかけが彼らのステージだったり(竹田がLIVEを観てグッと来たから作ったのだとか)、高島自身も話していたが、彼ら、まさに「切っても切れない関係」の2バンドなのだ。そんなステージの最後を飾ったのは『#262810』。最後にオーディエンスがみせた大ジャンプが、“誰も一人ぼっちにならなかった”暖かで楽しい時間を表しているように思えた。

PELICAN FANCLUB

photo by Yuno

焚き籠められたスモークが妖しげな雰囲気を放つ中、2番手のPELICAN FANCLUBが登場。歪んだギターの音色を皮切りに盤石のバンドサウンドが溢れ出すと、身体全部で音を浴びるような感覚をもって場の流れを一瞬で掌握する。彼らが展開するLIVEは、親切に手を差し伸べるというよりかは、立ち姿を見せることで、自分たちの音楽に説得力を持たせていく、行動で示し、いつのまにか魅了してしまうスタイル。そんなアクトの合間にエンドウ アンリ(Vo/Gt)が「学校や会社で起きた嫌なこと、全部ここに置いてって。名古屋、いける?」と投げ掛ければ、オーディエンスからも興奮気味に歓声があがる。

photo by Yuno

自在にメロディーを操りながら、よりコアな方へ、より快楽の強い方へ…とフロアを先導していく4人。秘めているものすらも解放させてしまう、激しさを内包した音像は、生々しい熱量と相まって、心の奥底まで真っ直ぐに突き刺さっていく。激しく攻めた前半から一転、華のある柔らかなメロディーで空間を満たし「ウソツキとはもう随分長く一緒にやってるんですけど。僕も竹田くんも2人とも千葉出身で。ここ、名古屋で演れている事実にグッときますね」と感慨深げに呟いたエンドウ。バンドは変わっていくもので、続いていく保証があるわけでもない。長い付き合いだからこそ、共演出来る事実がより一層特別に感じられることもあるのだろう。星を散らしたような音色が暖かな余韻を残した『ダダガー・ダンダント』、『記憶について』と最後まで手を緩めることなく最高のパフォーマンスで魅せた彼ら。演奏を通して想いを提示する、プレイヤーとしての心意気を感じさせるステージだった。

ウソツキ

photo by Yuno

「決して嘘つかないバンド、ウソツキです。今日は皆んなで明るい夢を見に来ました。騙される準備は出来てますか?」と挨拶がわりの楽曲を披露しながら笑顔で問いかけた竹田昌和(Vo/Gt)。それぞれの形で示された愛情を受け取り、ついにバトンはウソツキへ。のっけから曇りない笑顔でプレイを重ねているあたり、彼らも相当今日を楽しみにしてきたようだ。コール&レスポンスで更に笑顔の輪を広げれば、その声を受けてメンバーの表情もどんどん輝いていく。藤井浩太(Ba)、林山拓斗(Dr)が作り上げる安定した土台の上を、時に前のめりに、時に弾むような足取りで、フロアへと飛び込んでいくメロディー。彼らの音楽にオーディエンスが安心して身を委ねられるのは、演奏にポテンシャルの高さがしっかりと現れているからこそ。吉田健二(Gt)の「今日は皆んなと変なダンスを踊りたいんですけど、どうですか?」という誘い文句から飛び込んだウソツキ随一のダンスナンバーでは、体以上に心を踊らせるフロアの姿が印象的だった。暗転したステージに、突如響いた《コンプレックスにキスをして》というフレーズ。フロントの3人が戦隊モノよろしくポーズを決めれば「今日はもうエレベーターの中でしか見せない、本当の自分を見せます!」と、“全てを見せ合う”という非常にピュアな方法で更にフロアとの距離を縮めていく。華麗にステップを踏む3人につられるように、いつしか楽しげに左右に身体を動かしているオーディエンス。思わず一緒に踊り出してしまいたくなるような高揚感が、集まった全員の足を軽やかに動かしていた。

photo by Yuno

「今、一線越えた訳じゃないですかなんて接したら良いか分かんないですよ」と冗談めかした調子で話し出した竹田。自分の駄目なところも見せ合って話をしよう、と歌う『コンプレクスにキスをして』に影響された部分もあったのだろうか。「僕も普段家に居たらゲームばっかりして、辞めたくなったり音楽じゃなくて、人生をだよ?ゲームしかしたくないって思ったり。でも、そんな僕の支えはあなたたちなんで」と素直な心境を吐露し、続く「本音で作った曲」だという1曲では、ひたむきな感情を誠実な声音で歌い上げてみせる。竹田の声に宿った暖かさが楽曲に込められた感情を“嘘じゃない”と思わせてくれるからこそ、彼らの楽曲はすんなりと心に入り込んでくるのだろう。対バンそれぞれの格好よさを認め、拍手を送った上で「申し訳ないけど、今日1番格好いいのはウソツキなんで」と不敵に笑った竹田。『一生分のラブレター』で真っ直ぐな愛情を示せば、日常と非日常を音楽で橋渡すように、ラストソングへと繋げていく。出会いのきっかけが音楽なら、“またね”を告げるのも音楽で。終わりを惜しむように中々鳴り止まなかったアウトロが、彼らの気持ちを表しているように思えた。

 

アンコールでは予定曲を変えて『ボーイミーツガール』を披露するという粋な展開を見せたウソツキ。ノンフィクションを現実=本当とするのなら、フィクションを綴った音楽は“嘘”ということになるのかもしれない。“決して嘘をつかない”バンドが紡ぐ優しい嘘は、各地のオーディエンスに暖かな想いを手渡していくことだろう。ひとまずは、1221日に開催されるファイナルの東京公演まで。彼らに騙され続けていたい。(渡辺 真綾)

 

《information》

ウソツキpresents ウソツカナイミュージックツアー2017

12/21(木)

渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
GUEST:Saucy Dog / 緑黄色社会

 

<チケット>
一般発売:9/2(土)〜
前売り¥3,000(+1ドリンク)